会社概要COMPANY

沿革COMPANY HISTORY

創立
前会長加城一男は、昭和24年三菱重工業株式会社を退社。
油脂製造加工メーカー東洋油化工業株式会社(本社・東京)の営業部長として、
設立に参画。佐世保市に油脂工場を建設して進出したが、 朝鮮動乱の勃発により、
同工場は米軍により接収。工場閉鎖のやむなきに至る。
同工場残務処理ののち、協和商工株式会社を設立(資本金500万円)。
油脂類、石鹸洗剤、工業薬品の卸販売を開始。
昭和34年4月
三菱商事株式会社との特約店契約を締結。
工業薬品のほか建設資材の販売を開始。
昭和34年5月
長崎市宝町に長崎支店開設。
三菱重工業株式会社長崎造船所をはじめ、市中への拡販開始。
昭和39年11月
株式会社ニチレイ(旧日本冷蔵)と代理店契約。新たに冷凍食品部門に進出。
以降、日本水産、日東ベスト、ヤヨイ食品、加ト吉、理研ビタミン、キューピー等、
冷凍食品および調味料等有力食品メーカーとの特約契約を順次締結し、
業務用食品業界での基盤を確立。
昭和45年2月
本社を佐世保市白岳町151に新築移転。
昭和46年2月
三菱重工業株式会社長崎研究所の要請に基づき、当社および
共栄社化学株式会社の三社で、低公害型防錆剤の共同開発に着手。
ラスミンMKシリーズとして昭和50年10月より発売。
さらに新規需要により、除錆剤など新規商品研究開発を実施。
昭和51年10月
資本金を1500万円に増資。
昭和57年9月
食管法の改正を機に、外食産業向けの米殻類の販売免許を取得し、販売を開始。
昭和60年10月
諫早営業所開設。(諫早、大村、島原市をカバー)
平成元年11月
佐賀営業所開設。
平成5年5月
資本金を2500万円に増資。
平成6年1月
宮崎営業所開設。
平成6年6月
C&Cホットライン長崎店をオープン。
平成6年10月
佐世保本社に物流センターを新設。
平成7年6月
C&Cホットライン佐世保店をオープン。
平成9年5月
前会長・加城一男が、業務用食品分野における功績に対して藍綬褒章を授章。
平成9年7月
鳥栖センターを基盤に、社内向け新物流システムをスタート。
平成11年7月
広域ユーザーへのトータル物流システムをスタート。
平成13年10月
長崎・佐賀県エリアにおいて、物流センターを24時間稼働にする。
平成14年6月
データセンターを新設し、インターネットを使った新物流システムをスタート。
平成17年11月
県南の拠点として、長崎支店と諫早支店を統合し、長崎市田中町に
新たに長崎支店を新築移転。
平成18年9月
名古屋営業所開設。
平成20年6月
創立55周年記念式典挙行。記念事業としてカンボジアに小学校寄贈を決定。
平成21年11月
現本社・佐世保支店のビルと土地を購入。
平成23年10月
名古屋営業所を熊本営業所へ統合。
平成24年5月
C&Cホットライン長崎店を新築移転オープン。
平成25年8月
新冷蔵庫新築落成。
平成26年6月
本社・佐世保支店ビル新築落成。
平成28年10月
食品卸として全国で初めてフードバンク事業を開設。
非営利一般社団法人フードバンク協和を設立。
平成29年9月
佐賀営業所から佐賀支店に昇格。佐賀支店落成。
平成30年1月
メディカル協栄会 設立。

BACK TO TOP